CS27 業績リスト


分類 研究会・全国大会など
著者名 (author) 木村 隆洋,中村 匡秀,井垣 宏,松本 健一
英文著者名 (author)
編者名 (editor)
編者名 (英文)
キー (key) Takahiro Kimura, Masahide Nakamura, Hiroshi Igaki, Ken-ichi Matsumoto
表題 (title) データ依存解析に基づくレガシーソフトウェアからのサービス抽出法
表題 (英文)
書籍・会議録表題 (booktitle) 信学技報 ソフトウェアサイエンス研究会
書籍・会議録表題(英文)
巻数 (volume) SS2005-42
号数 (number)
ページ範囲 (pages) 013-018
組織名 (organization)
出版元 (publisher)
出版元 (英文)
出版社住所 (address)
刊行月 (month) October
出版年 (year) 2005
付加情報 (note)
注釈 (annote)
内容梗概 (abstract) レガシーソフトウェアにサービス指向アーキテクチャ(SOA)を適用するための一手段として,本論文では,手続き型言語で書かれたソースコードからサービスを抽出する方法を提案する.具体的には,まずソースコードから,データフローダイアグラム(DFD)を取得する.次に,DFD上のデータを3種類に分類し,プロセス間の依存関係を性質付ける.この依存関係に基づき,DFD上の複数のプロセスを,自己完結したサービスとしてくくりだす6つのルールを提案する.既存のアプリケーション(酒在庫管理システム)に対してサービスを抽出する実験を行い,ソースコードから様々な粒度のサービスを抽出することができた.
論文電子ファイル


[9-149]  木村 隆洋, 中村 匡秀, 井垣 宏, 松本 健一, ``データ依存解析に基づくレガシーソフトウェアからのサービス抽出法,'' 信学技報 ソフトウェアサイエンス研究会, vol.SS2005-42, pp.013-018, October 2005.

@inproceedings{9_149,
    author = {木村 隆洋 and 中村 匡秀 and 井垣 宏 and 松本 健一},
    author_e = {},
    editor = {},
    editor_e = {},
    title = {データ依存解析に基づくレガシーソフトウェアからのサービス抽出法},
    title_e = {},
    booktitle = {信学技報 ソフトウェアサイエンス研究会},
    booktitle_e = {},
    volume = {SS2005-42},
    number = {},
    pages = {013-018},
    organization = {},
    publisher = {},
    publisher_e = {},
    address = {},
    month = {October},
    year = {2005},
    note = {},
    annote = {}
}

This site is maintained by webadmin.

PMAN 2.5.4 - Paper MANagement system / (C) 2002-2007, Osamu Mizuno / All rights reserved.