CS27 業績リスト


分類 研究会・全国大会など
著者名 (author) 福岡 佑介,西岡 隆司,中村 匡秀,井垣 宏,松本 健一
英文著者名 (author)
編者名 (editor)
編者名 (英文)
キー (key) Yusuke Fukuoka,Takashi Nishioka,Masahide Nakamura,Hiroshi Igaki,Ken-ichi Matsumoto
表題 (title) 動的サービスバインディング機構を用いたマルチベンダホームネットワークシステムの一実現手法
表題 (英文)
書籍・会議録表題 (booktitle) 電子情報通信学会技術研究報告
書籍・会議録表題(英文)
巻数 (volume) 107
号数 (number) 525
ページ範囲 (pages) 295-300
組織名 (organization) 電子情報通信学会
出版元 (publisher)
出版元 (英文)
出版社住所 (address)
刊行月 (month) March
出版年 (year) 2008
付加情報 (note)
注釈 (annote)
内容梗概 (abstract) 本稿では,複数のベンダのネットワーク家電を収容可能なホームネットワークシステム(HNS)を構築する手法を提案する.まず,ネットワーク家電のベンダに依存しない標準家電サービスを構築し,HNSアプリケーションに向けて公開する.次に,各標準家電サービスとネットワーク家電を動的に結び付ける機構を構築する.これにより,様々なベンダのネットワーク家電に対応できるHNSアプリケーションが開発できるとともに,HNSやHNSアプリケーションを再構築することなく,HNSに収容されているネットワーク家電を置き換えることができる.また,本稿では提案手法に基づいたHNSフレームワークを実装するとともに,そのフレームワークを用いて複数ベンダのネットワーク家電からなるHNSを構築し,提案手法の有用性を確認した.
論文電子ファイル


[9-208]  福岡 佑介, 西岡 隆司, 中村 匡秀, 井垣 宏, 松本 健一, ``動的サービスバインディング機構を用いたマルチベンダホームネットワークシステムの一実現手法,'' 電子情報通信学会技術研究報告, vol.107, no.525, pp.295-300, March 2008.

@inproceedings{9_208,
    author = {福岡 佑介 and 西岡 隆司 and 中村 匡秀 and 井垣 宏 and 松本 健一},
    author_e = {},
    editor = {},
    editor_e = {},
    title = {動的サービスバインディング機構を用いたマルチベンダホームネットワー
    クシステムの一実現手法},
    title_e = {},
    booktitle = {電子情報通信学会技術研究報告},
    booktitle_e = {},
    volume = {107},
    number = {525},
    pages = {295-300},
    organization = {電子情報通信学会},
    publisher = {},
    publisher_e = {},
    address = {},
    month = {March},
    year = {2008},
    note = {},
    annote = {}
}

This site is maintained by webadmin.

PMAN 2.5.4 - Paper MANagement system / (C) 2002-2007, Osamu Mizuno / All rights reserved.