CS27 業績リスト


分類 研究会・全国大会など
著者名 (author) 吉村 悠平,稲田 卓也,井垣 宏,中村 匡秀
英文著者名 (author) Yuhei Yoshimura,Takuya Inada,Hiroshi Igaki,Masahide Nakamura
キー (key)
表題 (title) SOAにもとづくホームネットワーク サービス競合検出・解消基盤の提案
表題 (英文) A Service-Oriented Platform for Feature Interaction Detection and Resolution in Home Network System
定期刊行物名 (journal) 情報処理学会研究報告
定期刊行物名 (英文)
巻数 (volume) 2009-SE-166
号数 (number) 4
ページ範囲 (pages)
刊行月 (month) November
出版年 (year) 2009
付加情報 (note) (online)
注釈 (annote)
内容梗概 (abstract) ホームネットワークシステム(HNS) のアプリケーションの一つとして,複数の家電を連携制御する家電連携サービスの研究が進んでいる.連携サービスでは,単体では正常に動作しても,複数を同時に実行すると機能間の干渉・衝突によってユーザの意図しない振る舞いを引き起こす「サービス競合」と呼ばれる障害が存在する.HNSのサービス品質を損なわないためにも,このようなサービス競合を検出し解消することが求められている.我々は先行研究において,このようなサービス競合を動的に検出・解消する手法を提案した.本稿では,先行研究で提案したオンライン競合検出・解消システムをSOA 化し,競合検出・解消に関するより多様なアプリケーションを容易に開発できる競合検出・解消基盤を実現した.SOA 化に当たっては,競合検出・解消基盤の構成要素を競合検出部,解消部,実行管理部の3 要素に分割し,それぞれを個別にサービス化した.ケーススタディでは,これらの3 つの基盤サービスを利用して,オンライン競合検出解消機能付きの連携サービス実行・管理システムやオフライン競合検出システムを構築し,多様なアプリケーション開発が容易化されることを確認した.
論文電子ファイル


[9-237]  吉村 悠平, 稲田 卓也, 井垣 宏, 中村 匡秀, ``SOAにもとづくホームネットワーク サービス競合検出・解消基盤の提案,'' 情報処理学会研究報告, vol.2009-SE-166, no.4, November 2009.

@article{9_237,
    author = {吉村 悠平 and 稲田 卓也 and 井垣 宏 and 中村 匡秀},
    author_e = {Yuhei Yoshimura,Takuya Inada,Hiroshi Igaki,Masahide Nakamura},
    title = {SOAにもとづくホームネットワーク サービス競合検出・解消基盤の提案},
    title_e = {A Service-Oriented Platform for Feature Interaction Detection and
    Resolution in Home Network System},
    journal = {情報処理学会研究報告},
    journal_e = {},
    volume = {2009-SE-166},
    number = {4},
    pages = {},
    month = {November},
    year = {2009},
    note = {(online)},
    annote = {}
}

This site is maintained by webadmin.

PMAN 2.5.4 - Paper MANagement system / (C) 2002-2007, Osamu Mizuno / All rights reserved.