CS27 業績リスト


分類 研究会・全国大会など
著者名 (author) 稲田 卓也,吉村 悠平,池上 弘祐,井垣 宏,中村 匡秀,中北 賢二,竹原 清隆
英文著者名 (author) Takuya Inada,Yuhei Yoshimura,Kousuke Ikegami,Hiroshi Igaki ,Masahide Nakamura
編者名 (editor)
編者名 (英文)
キー (key) Takuya Inada,Yuhei Yoshimura,Kousuke Ikegami,Hiroshi Igaki ,Masahide Nakamura
表題 (title) サービス競合検出・解消システムを用いたホームネットワーク連携サービスの開発
表題 (英文) Developing Home Network Services with Feature Interaction Detection and Resolution System
書籍・会議録表題 (booktitle) 電子情報通信学会技術研究報告
書籍・会議録表題(英文)
巻数 (volume) IEICE-109
号数 (number) IEICE-SS-456
ページ範囲 (pages) 25-30
組織名 (organization)
出版元 (publisher)
出版元 (英文)
出版社住所 (address)
刊行月 (month) March
出版年 (year) 2010
付加情報 (note)
注釈 (annote)
内容梗概 (abstract) ホームネットワークシステム(HNS) のアプリケーションの一つとして,複数の家電を連携制御する家電
連携サービスの研究が進んでいる.単体では正常に動作する連携サービスでも,複数を同時に実行すると機器や環境
に対して衝突を起こしてしまうことがある.我々は,これを「サービス競合」と呼んでいる.HNS のサービス品質を
損なわないためにも,このようなサービス競合を検出し解消することが求められている.我々は先行研究において,
サービス指向アーキテクチャ(SOA) にもとづくサービス競合検出・解消基盤を提案した.本稿では,これらサービス
競合検出・解消基盤を利用し,新しい連携サービス開発プロセスを提案する.提案する開発プロセスでは,連携サー
ビスモデル,競合検出・解消シミュレーション,連携サービスモデルから実装への自動変換の3 つの開発者を支援す
る仕組みを導入する.また,この連携サービス開発プロセスを実際の連携サービス開発に適用し,従来の開発プロセ
スとの比較を行った.その結果,提案する連携サービス開発プロセスが開発効率において優れていることを確認した.
論文電子ファイル


[9-246]  稲田 卓也, 吉村 悠平, 池上 弘祐, 井垣 宏, 中村 匡秀, 中北 賢二, 竹原 清隆, ``サービス競合検出・解消システムを用いたホームネットワーク連携サービスの開発,'' 電子情報通信学会技術研究報告, vol.IEICE-109, no.IEICE-SS-456 , pp.25-30, March 2010.

@inproceedings{9_246,
    author = {稲田 卓也 and 吉村 悠平 and 池上 弘祐 and 井垣 宏 and 中村 匡秀
    and 中北 賢二 and 竹原 清隆},
    author_e = {Takuya Inada,Yuhei Yoshimura,Kousuke Ikegami,Hiroshi Igaki ,
    Masahide Nakamura},
    editor = {},
    editor_e = {},
    title = {サービス競合検出・解消システムを用いたホームネットワーク連携サービ
    スの開発},
    title_e = {Developing Home Network Services with Feature Interaction
    Detection and Resolution System},
    booktitle = {電子情報通信学会技術研究報告},
    booktitle_e = {},
    volume = {IEICE-109},
    number = {IEICE-SS-456 },
    pages = {25-30},
    organization = {},
    publisher = {},
    publisher_e = {},
    address = {},
    month = {March},
    year = {2010},
    note = {},
    annote = {}
}

This site is maintained by webadmin.

PMAN 2.5.4 - Paper MANagement system / (C) 2002-2007, Osamu Mizuno / All rights reserved.