CS27 業績リスト


分類 研究会・全国大会など
著者名 (author) 稲田 卓也,池上 弘祐,まつ本 真佑,中村 匡秀,井垣 宏
英文著者名 (author) Takuya Inada,Kosuke Ikegami,Shinsuke Matsumoto,Masahide Nakamura,Hiroshi Igaki
キー (key)
表題 (title) センサ駆動連携サービスのためのサービス競合検出手法に関する検討
表題 (英文) A Study for Detecting Feature Interactions between Sensor Driven Integrated Services
号数 (number) 信学技報, vol. 110, no. 172, AI2010-15
技術報告書の種別 (type)
発行元組織 (organization) 電子情報通信学会
出版社住所 (address)
刊行月 (month) August
出版年 (year) 2010
付加情報 (note)
注釈 (annote)
内容梗概 (abstract) ホームネットワークシステム(HNS) のアプリケーションの一つとして,複数の家電を連携制御する家電連
携サービスの研究が進んでいる.我々はこれまで,単体では正常に動作するが複数の連携サービスを同時に実行する
と発生する連携サービス間の衝突を連携サービスにおけるサービス競合と定義し,検出・解消を行う手法についての
研究を進めてきた.本稿では,センサ駆動連携サービス(センササービス) を対象としたサービス競合についての検討
を行う.センササービスは連携サービスの中でも特にセンサによるイベント検知を契機として動作するサービスのこ
とを指している.このような連携サービスでは,別の連携サービスの実行結果が与えた環境の変動をイベントとして
検知してしまう連携サービスの連鎖による不具合が発生することがある.我々はセンササービスにおけるサービス競
合を検討するにあたり,この連携サービスの連鎖を検出するためのHNS モデルおよび検出手法の提案を行う.
論文電子ファイル


[9-249]  稲田 卓也, 池上 弘祐, まつ本 真佑, 中村 匡秀, 井垣 宏, ``センサ駆動連携サービスのためのサービス競合検出手法に関する検討,'' , no.信学技報, vol. 110, no. 172, AI2010-15, 電子情報通信学会, August 2010.

@techreport{9_249,
    author = {稲田 卓也 and 池上 弘祐 and まつ本 真佑 and 中村 匡秀 and 井垣 宏},
    
    author_e = {Takuya Inada,Kosuke Ikegami,Shinsuke Matsumoto,Masahide Nakamura,
    Hiroshi Igaki},
    title = {センサ駆動連携サービスのためのサービス競合検出手法に関する検討},
    title_e = {A Study for Detecting Feature Interactions between Sensor Driven
    Integrated Services},
    number = {信学技報, vol. 110, no. 172, AI2010-15},
    type = {},
    institution = {電子情報通信学会},
    address = {},
    month = {August},
    year = {2010},
    note = {},
    annote = {}
}

This site is maintained by webadmin.

PMAN 2.5.4 - Paper MANagement system / (C) 2002-2007, Osamu Mizuno / All rights reserved.