CS27 業績リスト


分類 研究会・全国大会など
著者名 (author) 池上 弘祐,稲田 卓也,まつ本 真佑,中村 匡秀
英文著者名 (author) Ikegami Kousuke, Inada Takuya, Matsumoto Shinsuke, Nakamura Masahide
編者名 (editor)
編者名 (英文)
キー (key)
表題 (title) ホームネットワークシステムにおける環境インパクトの性質を考慮した環境競合の再定式化
表題 (英文) Redefining Environment Feature Interactions in Home Network System Based on Nature of Environmental Impacts
書籍・会議録表題 (booktitle) 電子情報通信学会技術研究報告
書籍・会議録表題(英文)
巻数 (volume) 111
号数 (number) 255
ページ範囲 (pages) 67-72
組織名 (organization)
出版元 (publisher)
出版元 (英文)
出版社住所 (address)
刊行月 (month) October
出版年 (year) 2011
付加情報 (note)
注釈 (annote)
内容梗概 (abstract) ホームネットワークシステム(HNS)を利用して,複数の家電を協調動作させる
家電連携サービスの研究が進んでいる.単体では正常に動作する連携サービスを
複数実行したとき,それらのサービスの持つ要求が干渉・衝突を起こし,
ユーザの意図しない振る舞いが生じることがある.これをサービス競合と呼ぶ.
先行研究にて,我々はサービス競合に「機器競合」と「環境競合」の2種類が
存在することを述べ,サービス競合の検出解消手法を
提案した.しかし,先行研究における環境競合の定式化は不十分であり,
競合を誤検出してしまうケースや,検出できないケースが存在した.
本稿では,機器操作による環境への影響を詳細に定義する環境インパクトモデルを
提案し,影響の性質を考慮した環境競合の検出法を示す.
また,ケーススタディとして,提案モデルを用いた競合の検出例を示す.
論文電子ファイル


[9-269]  池上 弘祐, 稲田 卓也, まつ本 真佑, 中村 匡秀, ``ホームネットワークシステムにおける環境インパクトの性質を考慮した環境競合の再定式化,'' 電子情報通信学会技術研究報告, vol.111, no.255, pp.67-72, October 2011.

@inproceedings{9_269,
    author = {池上 弘祐 and 稲田 卓也 and まつ本 真佑 and 中村 匡秀},
    author_e = {Ikegami Kousuke, Inada Takuya, Matsumoto Shinsuke, Nakamura
    Masahide},
    editor = {},
    editor_e = {},
    title = {ホームネットワークシステムにおける環境インパクトの性質を考慮した環
    境競合の再定式化},
    title_e = {Redefining Environment Feature Interactions in Home Network
    System Based on Nature of Environmental Impacts},
    booktitle = {電子情報通信学会技術研究報告},
    booktitle_e = {},
    volume = {111},
    number = {255},
    pages = {67-72},
    organization = {},
    publisher = {},
    publisher_e = {},
    address = {},
    month = {October},
    year = {2011},
    note = {},
    annote = {}
}

This site is maintained by webadmin.

PMAN 2.5.4 - Paper MANagement system / (C) 2002-2007, Osamu Mizuno / All rights reserved.