CS27 業績リスト


分類 研究会・全国大会など
著者名 (author) 程 祥瑞,松本 真佑,中村 匡秀
英文著者名 (author) Xiangrui Cheng, Shinsuke Matsumoto, Masahide Nakamura
編者名 (editor)
編者名 (英文)
キー (key) Xiangrui Cheng, Shinsuke Matsumoto, Masahide Nakamura
表題 (title) オフショアソフトウェア開発における異言語文書理解支援システムの試作と実験的評価
表題 (英文) Prototyping and Evaluating Support System for Understanding Multilingual Documents in Offshore Software Development
書籍・会議録表題 (booktitle) 電子情報通信学会技術研究報告 AI2011-31
書籍・会議録表題(英文)
巻数 (volume) 111
号数 (number) 316
ページ範囲 (pages) 13-18
組織名 (organization)
出版元 (publisher)
出版元 (英文)
出版社住所 (address)
刊行月 (month) November
出版年 (year) 2011
付加情報 (note)
注釈 (annote)
内容梗概 (abstract) ソフトウェア開発の全体または一部を海外の企業に委託するオフショアソフトウェア開発が盛んである.オフショア開発では,言語や文化の違いから,コミュニケーションにおける様々な問題が発生する.本稿では特に,(a) オフショア側の言語能力不足による文書理解の問題と,(b) オンショア側の相手側の理解状況把握の問題,という2つの問題に着目する.これらを改善すべく,言語グリッドWeb サービスと文書理解度フィードバック機能を取り入れた,コミュニケーション支援システムのプロトタイプを開発した.評価実験として,日本語経験を持つ8名の中国人に酒屋在庫管理システムの仕様を理解してもらう実験を行った.実験の結果,特に日本語経験の浅い開発者に対して,提案システムによる文書理解支援の効果が高かったことがわかった.
論文電子ファイル Not available.


[9-278]  程 祥瑞, 松本 真佑, 中村 匡秀 , ``オフショアソフトウェア開発における異言語文書理解支援システムの試作と実験的評価 ,'' 電子情報通信学会技術研究報告 AI2011-31 , vol.111, no.316, pp.13-18, November 2011.

@inproceedings{9_278,
    author = {程 祥瑞 and 松本 真佑 and 中村 匡秀 },
    author_e = {Xiangrui Cheng, Shinsuke Matsumoto, Masahide Nakamura},
    editor = {},
    editor_e = {},
    title = {オフショアソフトウェア開発における異言語文書理解支援システムの試作
    と実験的評価 },
    title_e = {  Prototyping and Evaluating Support System for Understanding
    Multilingual Documents in Offshore Software Development },
    booktitle = {電子情報通信学会技術研究報告 AI2011-31 },
    booktitle_e = {},
    volume = {111},
    number = {316},
    pages = {13-18},
    organization = {},
    publisher = {},
    publisher_e = {},
    address = {},
    month = {November},
    year = {2011},
    note = {},
    annote = {}
}

This site is maintained by webadmin.

PMAN 2.5.4 - Paper MANagement system / (C) 2002-2007, Osamu Mizuno / All rights reserved.