CS27 業績リスト


分類 研究会・全国大会など
著者名 (author) 高橋 昂平,佐伯 幸郎,まつ本 真佑,中村 匡秀
英文著者名 (author) Kohei TAKAHASHI, Sachio SAIKI, Shinsuke MATSUMOTO, Masahide Nakamura
編者名 (editor)
編者名 (英文)
キー (key)
表題 (title) モバイルセンシングデータ可視化のためのライフログ可視化フレームワークMashMapの拡張
表題 (英文) Extending Lifelog Mashup Framework MashMap for Mobile Sensor Data Visualization
書籍・会議録表題 (booktitle) 電子情報通信学会技術研究報告
書籍・会議録表題(英文)
巻数 (volume) 113
号数 (number) 303
ページ範囲 (pages) 29-34
組織名 (organization)
出版元 (publisher)
出版元 (英文)
出版社住所 (address)
刊行月 (month) November
出版年 (year) 2013
付加情報 (note)
注釈 (annote)
内容梗概 (abstract) モバイルセンシングは,ユーザがセンサを持ち歩いて自律的に動き,その周囲の状況をセンシングする
ユーザ参加型センシングの一手段である.モバイルセンシングのデータを閲覧・分析するには地図上に可視化するこ
とが効果的である.我々は,位置情報が含まれる様々なライフログをマッシュアップし,地図上に可視化するフレー
ムワークMashMap を提案している.本稿では,MashMap を拡張して,モバイルセンシングデータを地図上に可視化
できる枠組みを開発する.提案手法では,モバイルセンシングデータをライフログの一つとみなし,MashMap が扱
うライフログの標準形式に変換する方法を考察する.また,センシングデータを効果的に可視化するために,同系列
のデータを計測値に応じて表示形式を変える機能や,計測値によってデータの絞り込みを行う機能を追加実装する.
ケーススタディとして,速度センサのログを可視化し,提案フレームワークの適用可能性を考察する.
論文電子ファイル


[9-293]  高橋 昂平, 佐伯 幸郎, まつ本 真佑, 中村 匡秀, ``モバイルセンシングデータ可視化のためのライフログ可視化フレームワークMashMapの拡張,'' 電子情報通信学会技術研究報告, vol.113, no.303, pp.29-34, November 2013.

@inproceedings{9_293,
    author = {高橋 昂平 and 佐伯 幸郎 and まつ本 真佑 and 中村 匡秀},
    author_e = {Kohei TAKAHASHI, Sachio SAIKI, Shinsuke MATSUMOTO, Masahide
    Nakamura},
    editor = {},
    editor_e = {},
    title = {モバイルセンシングデータ可視化のためのライフログ可視化フレームワー
    クMashMapの拡張},
    title_e = {Extending Lifelog Mashup Framework MashMap for Mobile Sensor Data
    Visualization},
    booktitle = {電子情報通信学会技術研究報告},
    booktitle_e = {},
    volume = {113},
    number = {303},
    pages = {29-34},
    organization = {},
    publisher = {},
    publisher_e = {},
    address = {},
    month = {November},
    year = {2013},
    note = {},
    annote = {}
}

This site is maintained by webadmin.

PMAN 2.5.4 - Paper MANagement system / (C) 2002-2007, Osamu Mizuno / All rights reserved.