CS27 業績リスト


分類 研究会・全国大会など
著者名 (author) 徳永 清輝,佐伯 幸郎,まつ本 真佑,中村 匡秀
英文著者名 (author) Seiki TOKUNAGA, Sachio SAIKI,Shinsuke MATSUMOTO, Masahide Nakamura
編者名 (editor)
編者名 (英文)
キー (key)
表題 (title) 高齢者向け見守りサービスの分類に関する考察
表題 (英文) A Classification Method of Remote Monitoring Service for Elderly Person
書籍・会議録表題 (booktitle) 電子情報通信学会技術研究報告
書籍・会議録表題(英文)
巻数 (volume) 113
号数 (number) 470, MVE2013-97
ページ範囲 (pages) 169-174
組織名 (organization)
出版元 (publisher)
出版元 (英文)
出版社住所 (address)
刊行月 (month) March
出版年 (year) 2014
付加情報 (note)
注釈 (annote)
内容梗概 (abstract) 近年,高齢化社会に伴い,多種多様な高齢者向け見守りサービスが政府・企業によって提供されている.
我々の研究グループでは,消費者それぞれに合ったテーラーメイドな見守りサービスを実現することを目標に研究を行っている.
上記目標を実現するため,先行研究では,多様な見守りサービスを体系的に分析するためのモデリング手法を提案した.
しかしながら,先行研究で提案したモデリング手法はあくまで見守りサービスの特徴を分析するための手段であり,多様な見守りサービスを分類するといったことはできない.
本稿では,見守りサービスの目的やユーザの要求をいくつかの観点に基づいて分類する手法を提案する.
分類手法を利用することで,見守りサービスを目的別に分類すること,さらにユーザの要求の整理などが可能となる.
アプローチとして,見守りサービスを何のために利用するのかという観点(For What)と,見守りサービスの利用動機の観点(Why)を利用して分類する.
また,提案手法を用いて見守りサービスを分類し,考察を行う.
論文電子ファイル


[9-308]  徳永 清輝, 佐伯 幸郎, まつ本 真佑, 中村 匡秀, ``高齢者向け見守りサービスの分類に関する考察,'' 電子情報通信学会技術研究報告, vol.113, no.470, MVE2013-97, pp.169-174, March 2014.

@inproceedings{9_308,
    author = {徳永 清輝 and 佐伯 幸郎 and まつ本 真佑 and 中村 匡秀},
    author_e = {Seiki TOKUNAGA, Sachio SAIKI,Shinsuke MATSUMOTO, Masahide
    Nakamura},
    editor = {},
    editor_e = {},
    title = {高齢者向け見守りサービスの分類に関する考察},
    title_e = {A Classification Method of Remote Monitoring Service for Elderly
    Person},
    booktitle = {電子情報通信学会技術研究報告},
    booktitle_e = {},
    volume = {113},
    number = {470, MVE2013-97},
    pages = {169-174},
    organization = {},
    publisher = {},
    publisher_e = {},
    address = {},
    month = {March},
    year = {2014},
    note = {},
    annote = {}
}

This site is maintained by webadmin.

PMAN 2.5.4 - Paper MANagement system / (C) 2002-2007, Osamu Mizuno / All rights reserved.