CS27 業績リスト


分類 研究会・全国大会など
著者名 (author) 徳永 清輝,佐伯 幸郎,まつ本 真佑,中村 匡秀
英文著者名 (author) Seiki Tokunaga, Sachio Saiki, Shinsuke Matsumoto, Masahide Nakamura
編者名 (editor)
編者名 (英文)
キー (key) Seiki Tokunaga, Sachio Saiki, Shinsuke Matsumoto, Masahide Nakamura
表題 (title) 高齢者向け見守りサービスのモデリングに関する検討
表題 (英文)
書籍・会議録表題 (booktitle) 電子情報通信学会技術研究報告
書籍・会議録表題(英文)
巻数 (volume) 113
号数 (number) 399, ASN2013-129
ページ範囲 (pages) 67-70
組織名 (organization)
出版元 (publisher)
出版元 (英文)
出版社住所 (address)
刊行月 (month) January
出版年 (year) 2014
付加情報 (note)
注釈 (annote)
内容梗概 (abstract) 日本では政府・企業によって人的リソースやIT 技術を利用した多様な高齢者向け見守りサービスが研究・
開発されている.本稿では,高齢者向け見守りサービスの分析手法について提案する.アプローチとして,見守り3
者モデルおよび見守りサービスモデリングを提案する.見守り3者モデルは,見守りサービスの主要な役割を果たす
人物を抽象化し,見守りサービスにおける3 者の関係(見守る人,確認者,見守られる人)を抽象化したモデルであ
る.また,見守りサービスモデリングとは,見守りサービスを5W1H の観点(Why: 動機,What: サービスの種類,
Who: 誰が,When: 時期,Where: 場所,How: 手段)を利用する分析フレームワークである.さらに,実際にいく
つかの見守りサービスについて分析を行い,その結果をもとに提案フレームワークの限界と特長について述べる.

論文電子ファイル


[9-311]  徳永 清輝, 佐伯 幸郎, まつ本 真佑, 中村 匡秀, ``高齢者向け見守りサービスのモデリングに関する検討,'' 電子情報通信学会技術研究報告, vol.113, no.399, ASN2013-129, pp.67-70, January 2014.

@inproceedings{9_311,
    author = {徳永 清輝 and 佐伯 幸郎 and まつ本 真佑 and 中村 匡秀},
    author_e = {Seiki Tokunaga, Sachio Saiki, Shinsuke Matsumoto, Masahide
    Nakamura},
    editor = {},
    editor_e = {},
    title = {高齢者向け見守りサービスのモデリングに関する検討},
    title_e = {},
    booktitle = {電子情報通信学会技術研究報告},
    booktitle_e = {},
    volume = {113},
    number = {399, ASN2013-129},
    pages = {67-70},
    organization = {},
    publisher = {},
    publisher_e = {},
    address = {},
    month = {January},
    year = {2014},
    note = {},
    annote = {}
}

This site is maintained by webadmin.

PMAN 2.5.4 - Paper MANagement system / (C) 2002-2007, Osamu Mizuno / All rights reserved.