CS27 業績リスト


分類 研究会・全国大会など
著者名 (author) 李俊昊,鷹取敏志,佐伯幸郎,まつ本真佑,中村匡秀
英文著者名 (author)
編者名 (editor)
編者名 (英文)
キー (key)
表題 (title) クラウドを活用した家電リモコンサービスの検討
表題 (英文) Developing Cloud Service for Controlling Home Appliances
書籍・会議録表題 (booktitle) 電子情報通信学会技術報告
書籍・会議録表題(英文)
巻数 (volume) 113
号数 (number) 431,CNR2013-29
ページ範囲 (pages) 1-6
組織名 (organization) 電子情報通信学会
出版元 (publisher)
出版元 (英文)
出版社住所 (address)
刊行月 (month) February
出版年 (year) 2014
付加情報 (note)
注釈 (annote)
内容梗概 (abstract) 学習リモコンシステムは宅内の様々な家電機器のリモコンを統合できる便利なツールであり,最新のホームネットワークシステムでも利用されている.しかしながら,機器の信号は各家庭の住人自らが登録・管理しなければならず,機器や操作数が増えた場合に住人の負担が大きくなる.そこで本論文では,クラウドを活用した家電リモコンサービス(Remocon as a Service,RaaS) を提案する.RaaS のキーアイデアは,機器の信号をクラウド上で管理して複数のユーザで共有し,様々なアプリケーションからサービスとして利用することである.クラウドを活用することで,RaaS は従来の課題であった信号登録の負担や,制御機能と操作インターフェースとの密結合の課題を解決できる.本稿では,赤外線通信に対象を絞り,RaaS のアーキテクチャ,主要なDB の設計,操作インターフェースの考察を行う.また,Raspberry Pi とLIRC を用いた赤外線信号モジュールの試作を行い,RaaS の実現可能性を確認する.
論文電子ファイル


[9-312]  李俊昊,鷹取敏志,佐伯幸郎,まつ本真佑,中村匡秀, ``クラウドを活用した家電リモコンサービスの検討,'' 電子情報通信学会技術報告, vol.113, no.431,CNR2013-29, pp.1-6, February 2014.

@inproceedings{9_312,
    author = {李俊昊,鷹取敏志,佐伯幸郎,まつ本真佑,中村匡秀},
    author_e = {},
    editor = {},
    editor_e = {},
    title = {クラウドを活用した家電リモコンサービスの検討},
    title_e = {Developing Cloud Service for Controlling Home Appliances},
    booktitle = {電子情報通信学会技術報告},
    booktitle_e = {},
    volume = {113},
    number = {431,CNR2013-29},
    pages = {1-6},
    organization = {電子情報通信学会},
    publisher = {},
    publisher_e = {},
    address = {},
    month = {February},
    year = {2014},
    note = {},
    annote = {}
}

This site is maintained by webadmin.

PMAN 2.5.4 - Paper MANagement system / (C) 2002-2007, Osamu Mizuno / All rights reserved.