CS27 業績リスト


分類 研究会・全国大会など
著者名 (author) 伊勢勇輝,山本晋太郎,まつ本 真佑,佐伯 幸郎,中村 匡秀
英文著者名 (author) Yuki ISE, Shintaro YAMAMOTO, Shinsuke MATSUMOTO, Sachio SAIKI, and Masahide NAKAMURA
編者名 (editor)
編者名 (英文)
キー (key)
表題 (title) スマートシティにおける大規模住宅ログのための体現ビュー生成サービスの実装
表題 (英文) Implementing Materialized View as a Service for Large-Scale House Log in Smart City
書籍・会議録表題 (booktitle) 電子情報通信学会技術研究報告
書籍・会議録表題(英文)
巻数 (volume)
号数 (number)
ページ範囲 (pages)
組織名 (organization)
出版元 (publisher)
出版元 (英文)
出版社住所 (address)
刊行月 (month) December
出版年 (year) 2013
付加情報 (note)
注釈 (annote)
内容梗概 (abstract) 我々の研究室ではスマートシティやスマートハウスから得られる,多種多様かつ大規模なログデータを扱うためのデータプラットフォームScallop4SC を提案している.Scallop4SC では,効率的な住宅ログの処理と利活用を支援するために,体現ビューのアイデアを取り入れた,MVaaS(Materialized View as a Service)を提供する.本研究ではScallop4SC 内でのMVaaS の実現を目的として,MVaaS のアーキテクチャに関する検討とその開発に取り組む.提案するMVaaS では,住宅ログの検索条件や加工方法に関するデータ仕様書に基づいて,ログデータを処理するためのMapReduce プログラムを自動生成する.生成されたMapReduce を実行することにより,大規模データの中からアプリケーションが必要とするデータだけを体現ビューとして保持することが可能となる.
論文電子ファイル


[9-313]  伊勢勇輝, 山本晋太郎, まつ本 真佑, 佐伯 幸郎, 中村 匡秀, ``スマートシティにおける大規模住宅ログのための体現ビュー生成サービスの実装,'' 電子情報通信学会技術研究報告, December 2013.

@inproceedings{9_313,
    author = {伊勢勇輝 and 山本晋太郎 and まつ本 真佑 and 佐伯 幸郎 and 中村 匡
    秀},
    author_e = {Yuki ISE, Shintaro YAMAMOTO, Shinsuke MATSUMOTO, Sachio SAIKI,
    and Masahide NAKAMURA},
    editor = {},
    editor_e = {},
    title = {スマートシティにおける大規模住宅ログのための体現ビュー生成サービス
    の実装},
    title_e = {Implementing Materialized View as a Service for Large-Scale House
    Log in Smart City},
    booktitle = {電子情報通信学会技術研究報告},
    booktitle_e = {},
    volume = {},
    number = {},
    pages = {},
    organization = {},
    publisher = {},
    publisher_e = {},
    address = {},
    month = {December},
    year = {2013},
    note = {},
    annote = {}
}

This site is maintained by webadmin.

PMAN 2.5.4 - Paper MANagement system / (C) 2002-2007, Osamu Mizuno / All rights reserved.