CS27 業績リスト


分類 研究会・全国大会など
著者名 (author) 鳥羽 祐輔,まつ本 真佑,佐伯 幸郎,中村 匡秀,内野 智仁,横山 知弘,武林 靖浩
英文著者名 (author) Yusuke TOBA, Shinsuke MATSUMOTO, Sachio SAIKI, Masahide NAKAMURA, Tomohito UCHINO, Tomohiro YOKOYAMA, and Yasuhiro TAKEBAYASHI
編者名 (editor)
編者名 (英文)
キー (key)
表題 (title) 聴覚障害者支援のための発話可視化モーダルの開発支援
表題 (英文) Supporting Development of Speech Visualization Mode for Deaf and Hard of Hearing People Support
書籍・会議録表題 (booktitle) 電子情報通信学会技術報告
書籍・会議録表題(英文) IEICE Technical Report
巻数 (volume) 115
号数 (number) 354, WIT2015-63-WIT2015-87
ページ範囲 (pages) 001-006
組織名 (organization)
出版元 (publisher)
出版元 (英文)
出版社住所 (address)
刊行月 (month) December
出版年 (year) 2015
付加情報 (note)
注釈 (annote)
内容梗概 (abstract) 我々の先行研究では,聴覚障害者に対する健聴者の発話内容の理解支援のためのマルチモーダル発話可視化アプリケーションを提案した.本アプリケーションによって発話者の音声や口型,その他発話理解に役立つ様々な情報を可視化したもの(可視化モード)を組み合わせて発話を多面的に可視化し,発話理解を支援することができる.ただし,この先行研究では具体的にどのように可視化モードの開発を支援するかについては検討されていなかった.そこで本稿ではマルチモーダル発話可視化アプリケーションにおける,可視化モードの開発支援に取り組む.具体的には,可視化モード開発の容易化を目的として制御の反転を取り入れる.またモード間・クライアント間でのデータ共有の仕組みの実現や,開発された可視化モードの公開・共有のためのシステムを検討する.
論文電子ファイル


[9-327]  鳥羽 祐輔,まつ本 真佑,佐伯 幸郎,中村 匡秀, 内野 智仁,横山 知弘,武林 靖浩, ``聴覚障害者支援のための発話可視化モーダルの開発支援,'' 電子情報通信学会技術報告, vol.115, no.354, WIT2015-63-WIT2015-87, pp.001-006, December 2015.

@inproceedings{9_327,
    author = {鳥羽 祐輔,まつ本 真佑,佐伯 幸郎,中村 匡秀 and 内野     智仁,横
    山 知弘,武林 靖浩},
    author_e = {Yusuke TOBA, Shinsuke MATSUMOTO, Sachio SAIKI, Masahide NAKAMURA,
    Tomohito UCHINO, Tomohiro YOKOYAMA, and Yasuhiro TAKEBAYASHI},
    editor = {},
    editor_e = {},
    title = {聴覚障害者支援のための発話可視化モーダルの開発支援},
    title_e = {Supporting Development of Speech Visualization Mode for Deaf and
    Hard of Hearing People Support},
    booktitle = {電子情報通信学会技術報告},
    booktitle_e = {IEICE Technical Report},
    volume = {115},
    number = {354, WIT2015-63-WIT2015-87},
    pages = {001-006},
    organization = {},
    publisher = {},
    publisher_e = {},
    address = {},
    month = {December},
    year = {2015},
    note = {},
    annote = {}
}

This site is maintained by webadmin.

PMAN 2.5.4 - Paper MANagement system / (C) 2002-2007, Osamu Mizuno / All rights reserved.