CS27 業績リスト


分類 研究会・全国大会など
著者名 (author) 和田佳大,野田健太郎,佐伯幸郎,中村匡秀
英文著者名 (author)
編者名 (editor)
編者名 (英文)
キー (key)
表題 (title) 個人向け話題提供サービスにおけるぬいぐるみを用いた話題提供手法の検討
表題 (英文)
書籍・会議録表題 (booktitle) 電子情報通信学会技術研究報告
書籍・会議録表題(英文)
巻数 (volume) 116
号数 (number) 362, IA2016-75
ページ範囲 (pages) 69-74
組織名 (organization)
出版元 (publisher)
出版元 (英文)
出版社住所 (address)
刊行月 (month) December
出版年 (year) 2016
付加情報 (note)
注釈 (annote)
内容梗概 (abstract) 超スマート社会を迎えるにあたり,膨大な情報から効率よく自身の望む情報を得る手段が求められている.しかし,従来の受動的メディアによる情報は1対多向けであり,必ずしも情報受信者の興味にマッチした情報は得られない.また,情報機器による取得は万人向けとは言えない.そこで,我々の研究グループではIoTを組み込んだファミリアというエージェントを通して,様々な情報源から情報受信者の興味にあった情報をキュレーションし,話題として提供するシステム,Tales of Familiar(以下,ToF)を提案している.
本稿では,ToF中のファミリアを設置するにあたり,ファミリアから人へどのように話題を提供すべきかを考察する.今回は特に,ファミリアとしてぬいぐるみを想定し,このぬいぐるみがどのようなタイミングで,どのような状況において,どのような話題を提供すべきか検討し,ぬいぐるみ型ファミリアのプロトタイプを作成している.
論文電子ファイル


[9-340]  和田佳大, 野田健太郎, 佐伯幸郎, 中村匡秀, ``個人向け話題提供サービスにおけるぬいぐるみを用いた話題提供手法の検討,'' 電子情報通信学会技術研究報告, vol.116, no.362, IA2016-75, pp.69-74, December 2016.

@inproceedings{9_340,
    author = {和田佳大 and 野田健太郎 and 佐伯幸郎 and 中村匡秀},
    author_e = {},
    editor = {},
    editor_e = {},
    title = {個人向け話題提供サービスにおけるぬいぐるみを用いた話題提供手法の検
    討},
    title_e = {},
    booktitle = {電子情報通信学会技術研究報告},
    booktitle_e = {},
    volume = {116},
    number = {362, IA2016-75},
    pages = {69-74},
    organization = {},
    publisher = {},
    publisher_e = {},
    address = {},
    month = {December},
    year = {2016},
    note = {},
    annote = {}
}

This site is maintained by webadmin.

PMAN 2.5.4 - Paper MANagement system / (C) 2002-2007, Osamu Mizuno / All rights reserved.