CS27 業績リスト


論文誌
[1]  二村 阿美, 門田 暁人, 玉田 春昭, 神崎 雄一郎, 中村 匡秀, 松本 健一, ``命令のランダム性に基づくプログラム難読化の評価,'' コンピュータソフトウェア, vol.30, no.3, pp.18-24, September 2013.
[2]  Hiroki Yamauchi, Akito Monden, Masahide Nakamura, Haruaki Tamada, Yuichiro Kanzaki, and Ken-ichi Matsumoto, ``A Goal-Oriented Approach to Software Obfuscation,'' International Journal of Computer Science and Network Security, vol.8, no.9, pp.59-71, September 2008.
[3]  Masahide Nakamura, Akihiro Tanaka, Hiroshi Igaki, Haruaki Tamada, and Ken-ichi Matsumoto, ``Constructing Home Network Systems and Integrated Services Using Legacy Home Appliances and Web Services,'' International Journal of Web Services Research, vol.5, no.1, pp.82--98, January 2008.
[4]  玉田 春昭, 中村 匡秀, 門田 暁人, 松本 健一, ``APIライブラリ名隠ぺいのための動的名前解決を用いた名前難読化,'' 電子情報通信学会論文誌D, vol.J90-D, no.10, pp.2723--2735, October 2007.
[5]  岡本 圭司, 玉田 春昭, 中村 匡秀, 門田 暁人, 松本 健一, ``API呼び出しを用いた動的バースマーク,'' 電子情報通信学会論文誌D, vol.J89-D, no.8, pp.1751--1763, August 2006.
[6]  Haruaki Tamada, Masahide Nakamura, Akito Monden, and Ken-ichi Matsumoto, ``Java Birthmarks -- Detecting the Software Theft,'' IEICE Transactions on Information and Systems , vol.E88-D, no.9, pp.2148--2158, September 2005.
[7]  井垣 宏, 中村 匡秀, 玉田 春昭, 松本 健一, ``サービス指向アーキテクチャを用いたネットワーク家電連携サービスの開発,'' 情報処理学会論文誌, vol.46, no.2, pp.314--326, February 2005.
国際会議
[1]  Haruaki Tamada, Masahide Nakamura, Akito Monden, and Ken-ichi Matsumoto, ``Introducing Dynamic Name Resolution Mechanism for Obfuscating System-Defined Names in Programs,'' In Proc. of the IASTED International Conference on Software Engineering (IASTED SE 2008), pp.125--130, February 2008. (Innsbruck, Austria)
[2]  Masahide Nakamura, Akihiro Tanaka, Hiroshi Igaki, Haruaki Tamada, and Ken-ichi Matsumoto, ``Adapting Legacy Home Appliances to Home Network Systems Using Web Services,'' In IEEE International Conference on Web Services (ICWS2006), pp.849-858, September 2006. (Chicago, USA)
[3]  Takahiro Kimura, Haruaki Tamada, Hiroshi Igaki, Masahide Nakamura, and Ken-ichi Matsumoto, ``A Visual Framework for Monitoring and Controlling Distributed Service Components,'' In Proc. of 1st Korea-Japan Joint Workshop on Ubiquitous Computing and Networking Systems (ubiCNS 2005), pp.245-250, June 2005. (Jeju, Korea)
[4]  Masahide Nakamura, Hiroshi Igaki, Haruaki Tamada, and Ken-ichi Matsumoto, ``Implementing Integrated Services of Networked Home Appliances Using Service-Oriented Architecture,'' In Proc. International Conference of Service Oriented Computing (ICSOC04), pp.269--278, November 2004. (New York City, USA)
[5]  Haruaki Tamada, Keiji Okamoto, Masahide Nakamura, Akito Monden, and Ken-ichi Matsumoto, ``Dynamic Software Birthmarks to Detect the Theft of Windows Applications,'' In Proc. International Symposium on Future Software Technology 2004 (ISFST 2004), vol.CDROM, October 2004. (Xi'an, China)
[6]  Haruaki Tamada, Masahide Nakamura, Akito Monden, and Ken-ichi Matsumoto, ``Design and Evaluation of Birthmarks for Detecting Theft of Java Programs,'' In Proc. IASTED International Conference on Software Engineering (IASTED SE 2004), pp.569--575, February 2004. (Innsbruck, Austria)
特許
[1]  玉田 春昭, 門田 暁人, 中村 匡秀, 松本 健一, ``プログラム変換装置,実行支援装置,それらの方法およびそれらのコンピュータ・プログラム,'' 特願2005-171372, June 2005.
国内会議(査読付き)
[1]  玉田 春昭, 中村 匡秀, 門田 暁人, 松本 健一, ``Java クラスファイル難読化ツール DonQuixote,'' ソフトウェア工学の基礎XIII, 日本ソフトウェア科学会 FOSE2006, pp.113--118, November 2006.
[2]  玉田 春昭, 井垣 宏, 引地 一将, 門田 暁人, 松本 健一, ``プログラミング実習におけるグループ開発プロセスの分析,'' 権藤 克彦,小林 隆志(編), ソフトウェア工学の基礎XII, 日本ソフトウェア科学会 FOSE2005, pp.123--128, November 2005.
[3]  岡本 圭司, 玉田 春昭, 中村 匡秀, 門田 暁人, 松本 健一, ``ソフトウェア実行時のAPI呼び出し履歴に基づく動的バースマークの提案,'' ソフトウェア工学の基礎XI, 日本ソフトウェア科学会FOSE2004, pp.85--88, November 2004.
著書
[1]  Masahide Nakamura, Hiroshi Igaki, Akihiro Tanaka, Haruaki Tamada, and Ken-ichi Matsumoto, Service-Oriented Architecture for Migrating Legacy Home Appliances to Home Network System ~ Principle and Applications ~, IGI Global, 2010.
テクニカルレポート
[1]  Haruaki Tamada, Keiji Okamoto, Masahide Nakamura, Akito Monden, and Ken-ichi Matsumoto, ``Design and Evaluation of Dynamic Software Birthmarks Based on API Calls,'' Information Science Technical Report, no.NAIST-IS-TR2007011, ISSN 0919-9527, Graduate School of Information Science, Nara Institute of Science and Technology, May 2007.
[2]  Haruaki Tamada, Masahide Nakamura, Akito Monden, and Ken-ichi Matsumoto, ``Detecting the Theft of Programs Using Birthmarks,'' Information Science Technical Report, no.NAIST-IS-TR2003014, Graduate School of Information Science, November 2003.
研究会・全国大会など
[1]  玉田 春昭, 中村 匡秀, 門田 暁人, 松本 健一, ``C言語におけるライブラリ呼び出し隠蔽のための名前難読化手法,'' 暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS2007), January 2007.
[2]  井垣 宏, 三井 康平, 竹村 憲太郎, 玉田 春昭, 中村 匡秀, 松本 健一, 松本 吉央, ``注視情報に基づくネットワーク家電の状態提示システムの構築,'' 電子情報通信学会技術研究報告, vol.105, no.628, pp.061-066, March 2006.
[3]  玉田 春昭, 門田 暁人, 中村 匡秀, 松本 健一, ``Javaプログラムの動的解析のためのトレーサ埋め込みツール,'' 第46回プログラミング・シンポジウム報告集, pp.51--62, January 2005.
[4]  岡本 圭司, 玉田 春昭, 中村 匡秀, 門田 暁人, 松本 健一, ``ソフトウェア実行時のAPI呼び出し履歴に基づく動的バースマークの実験的評価,'' 第46回プログラミング・シンポジウム報告集, pp.41--50, January 2005.
[5]  井垣 宏, 玉田 春昭, 中村 匡秀, 松本 健一, ``サービス指向アーキテクチャを用いたホームネットワークシステムの設計と評価尺度,'' 電子情報通信学会技術研究報告, ネットワークシステム研究会, no.NS2003-359, pp.333--338, March 2004.
[6]  石井 健一, 串戸 洋平, 山内 寛己, 井垣 宏, 玉田 春昭, 中村 匡秀, 松本 健一, ``異なる設計・実装法を用いたWebサービスアプリケーションの開発および比較評価,'' 電子情報通信学会技術研究報告, ネットワークシステム研究会, no.NS2003-315, pp.107--112, March 2004.
[7]  串戸 洋平, 石井 健一, 山内 寛己, 井垣 宏, 玉田 春昭, 中村 匡秀, 松本 健一, ``Webサービスアプリケーションのソフトウェアメトリクスに関する考察,'' 電子情報通信学会技術研究報告, ネットワークシステム研究会, no.NS2003-316, pp.113--118, March 2004.
[8]  玉田 春昭, 神崎 雄一郎, 中村 匡秀, 門田 暁人, 松本 健一, ``Java クラスファイルからプログラム指紋を抽出する方法の提案,'' 電子情報通信学会技術報告, 情報セキュリティ研究会, no.ISEC2003-29, pp.127--133, July 2003.

This site is maintained by webadmin.

PMAN 2.5.4 - Paper MANagement system / (C) 2002-2007, Osamu Mizuno / All rights reserved.