CS27 業績リスト


論文誌
[1]  Masahide Nakamura, Hiroshi Igaki, Takahiro Kimura, and Ken-ichi Matsumoto, ``Identifying Services in Procedural Programs for Migrating Legacy System to Service Oriented Architecture,'' International Journal of Information Systems in the Service Sector (IJISSS), vol.3, no.4, pp.54-72, October 2011.
[2]  神崎 雄一郎, 門田 暁人, 中村 匡秀, 松本 健一, ``ソースコードレベルにおけるプログラムのカムフラー ジュ,'' コンピュータソフトウェア, vol.28, no.1, pp.1_300-1_305, January 2011.
[3]  中村 匡秀, 関本 純一, 井垣 宏, 松本 健一, ``家庭のエンドユーザを対象としたホームネットワーク機器連携サービス作成支援システム,'' ヒューマンインターフェース学会論文誌 「ユニバーサルデザイン」特集号, vol.11, no.4, pp.369-379, November 2009.
[4]  Ben Yan, Masahide Nakamura, Lydie du Bousquet, and Ken-ichi Matsumoto, ``Improving Reusability of Hazard Analysis Model with Hazard Template for Deriving Safety Properties of Home Network System,'' International Journal of Smart Home, vol.3, no.2, pp.71-88, April 2009.
[5]  Ben Yan, Masahide Nakamura, and Ken-ichi Matsumoto, ``Deriving Safety Properties for Home Network System Based on Goal-Oriented Hazard Analysis Model,'' International Journal of Smart Home, vol.3, no.1, pp.67-80, January 2009.
[6]  Hiroki Yamauchi, Akito Monden, Masahide Nakamura, Haruaki Tamada, Yuichiro Kanzaki, and Ken-ichi Matsumoto, ``A Goal-Oriented Approach to Software Obfuscation,'' International Journal of Computer Science and Network Security, vol.8, no.9, pp.59-71, September 2008.
[7]  Ben Yan, Masahide Nakamura, Lydie du-Bousquet, and Ken-ichi Matsumoto, ``Validating Safety for Integrated Services of Home Network System Using JML,'' IPSJ Journal (also published as Journal of Information Processing (JIP)), vol.49, no.6, pp.1751-1762, June 2008.
[8]  Masahide Nakamura, Akihiro Tanaka, Hiroshi Igaki, Haruaki Tamada, and Ken-ichi Matsumoto, ``Constructing Home Network Systems and Integrated Services Using Legacy Home Appliances and Web Services,'' International Journal of Web Services Research, vol.5, no.1, pp.82--98, January 2008.
[9]  Hidetake Uwano, Masahide Nakamura, Akito Monden, and Ken-ichi Matsumoto, ``Exploiting Eye Movements for Evaluating Reviewer's Performance in Software Review,'' IEICE Transactions on Fundamentals, vol.E90-A, no.10, pp.317-328, October 2007.
[10]  玉田 春昭, 中村 匡秀, 門田 暁人, 松本 健一, ``APIライブラリ名隠ぺいのための動的名前解決を用いた名前難読化,'' 電子情報通信学会論文誌D, vol.J90-D, no.10, pp.2723--2735, October 2007.
[11]  岡本 圭司, 玉田 春昭, 中村 匡秀, 門田 暁人, 松本 健一, ``API呼び出しを用いた動的バースマーク,'' 電子情報通信学会論文誌D, vol.J89-D, no.8, pp.1751--1763, August 2006.
[12]  Yuichiro Kanzaki, Akito Monden, Masahide Nakamura, and Ken-ichi Matsumoto, ``A Software Protection Method Based on Instruction Camouflage,'' Electronics and Communications in Japan, Part 3, vol.89, no.1, pp.47-59, January 2006.
[13]  Pattara Leelaprute, Masahide Nakamura, Ken-ichi Matsumoto, and Tohru Kikuno, ``Design and Evaluation of Feature Interaction Filtering with Use Case Maps,'' NECTEC Technical Journal , vol.5, no.16, pp.581-597, December 2005.
[14]  Haruaki Tamada, Masahide Nakamura, Akito Monden, and Ken-ichi Matsumoto, ``Java Birthmarks -- Detecting the Software Theft,'' IEICE Transactions on Information and Systems , vol.E88-D, no.9, pp.2148--2158, September 2005.
[15]  Yuichiro Kanzaki, Hiroshi Igaki, Masahide Nakamura, Akito Monden, and Ken-ichi Matsumoto, ``Quantitative Analysis of Information Leakage in Security-Sensitive Software Processes,'' IPSJ Journal, Special Issue on Research on Computer Security Characterized in the Context of Social Responsibilities, vol.46, no.8, pp.2129-2141, August 2005.
[16]  パッタラ・リーラープルット, 中村 匡秀, 松本 健一, 菊野 亨, ``Use Case Maps を用いたサービス競合可能シナリオの導出と実験的評価,'' 電子情報通信学会論文誌, vol.J88-B, no.7, pp.1237-1247, July 2005.
[17]  井垣 宏, 中村 匡秀, 玉田 春昭, 松本 健一, ``サービス指向アーキテクチャを用いたネットワーク家電連携サービスの開発,'' 情報処理学会論文誌, vol.46, no.2, pp.314--326, February 2005.
[18]  Masahide Nakamura, Pattara Leelaprute, Ken-ichi Matsumoto, and Tohru Kikuno, ``On Detecting Feature Interactions in Programmable Service Environment of Internet Telephony,'' Journal of Computer Networks, vol.45, no.5, pp.605--624, August 2004.
[19]  神崎 雄一郎, 門田 暁人, 中村 匡秀, 松本 健一, ``命令のカムフラージュによるソフトウェア保護方法,'' 電子情報通信学会論文誌A, vol.J87-A, no.6, pp.755--767, June 2004.
[20]  阪井 誠, 中道 上, 島 和之, 中村 匡秀, 松本 健一, ``WebTracer:視線を利用したWebユーザビリティ評価環境,'' 情報処理学会論文誌, vol.44, no.11, pp.2575--2586, November 2003.
国際会議
[1]  Shinsuke Matsumoto, Yasutaka Kamei, Akito Monden, Ken-ichi Matsumoto, and Masahide Nakamura, ``An Analysis of Developer Metrics for Fault Prediction,'' In Proc. 6th International Conference on Predictive Models in Software Engineering (PROMISE2010), p.USB, September 2010. (Timisoara, Romania)
[2]  Masahide Nakamura, Hiroshi Igaki, Takahiro Kimura, and Ken-ichi Matsumoto, ``Extracting Service Candidates from Procedural Programs Based on Process Dependency Analysis,'' In IEEE Asia-Pacific Services Computing Conference (APSCC 2009), pp.484-491, December 2009. (Biopolis, Singapore)
[3]  Ben Yan, Masahide Nakamura, and Ken-ichi Matsumoto, ``Deriving Safety Properties for Home Network System Based on Goal-Oriented Hazard Analysis Model,'' In Proc. of the Third International Symposium on Smart Home(SH08) , vol.2, pp.428-436, December 2008. (Hainan, China)
[4]  Masahide Nakamura, Yusuke Fukuoka, Hiroshi Igaki, and Ken-ichi Matsumoto, ``Implementing Multi-Vendor Home Network System with Vendor-Neutral Services and Dynamic Service Binding,'' In IEEE International Conference on Services Computing (SCC 2008), pp.275-282, July 2008. (Honolulu, Hawaii)
[5]  Masateru Tsunoda, Kohei Mitsui, Kyohei Fushida, Yasutaka Kamei, Masahide Nakamura, Keita Goto, and Ken-ichi Matsumoto, ``An Authentication Method Combining Spatiotemporal Information and Actions,'' In Proc. of the 4th International Conference on Mobile Computing and Ubiquitous Networking (ICMU 2008), pp.41-49, June 2008. (Tokyo, Japan)
[6]  Naohiro Yuasa, Kohei Mitsui, Hiroki Sakakibara, Hiroshi Igaki, Masahide Nakamura, and Ken-ichi Matsumoto, ``Operating Networked Appliances Using Gaze Information and Voice Recognition,'' In Proc. of the IASTED International Conference on Human Computer Interaction (IASTED-HCI 2008), pp.107-112, March 2008. (Innsbruck, Austria)
[7]  Yoji Onishi, Hiroshi Igaki, Masahide Nakamura, and Ken-ichi Matsumoto, ``A Scalable Sensor Application Framework Based on Hierarchical Load-Balancing Architecture,'' In Proc. of the IASTED International Conference on Software Engineering (IASTED SE 2008), pp.37--42, February 2008. (Innsbruck, Austria)
[8]  Haruaki Tamada, Masahide Nakamura, Akito Monden, and Ken-ichi Matsumoto, ``Introducing Dynamic Name Resolution Mechanism for Obfuscating System-Defined Names in Programs,'' In Proc. of the IASTED International Conference on Software Engineering (IASTED SE 2008), pp.125--130, February 2008. (Innsbruck, Austria)
[9]  Ben Yan, Masahide Nakamura, Lydie du-Bousquet, and Ken-ichi Matsumoto, ``Characterizing Safety of Integrated Services in Home Network System,'' In 5th International Conference On Smart homes and health Telematics (ICOST2007), vol.LNCS 4541, pp.130-140, June 2007. (Nara, Japan)
[10]  Hiroshi Igaki, Masahide Nakamura, Ken-ichi Matsumoto, and Mikio Aoyama, ``Adopting Model-Driven Development for Integrated Services and Appliances in Home Network Systems,'' In Proc. of 13th Asia-Pacific Software Engineering Conference (APSEC 2006), pp.45-52, December 2006. (Bangarole, India)
[11]  Kohei Mitsui, Hiroshi Igaki, Kentaro Takemura, Masahide Nakamura, and Ken-ichi Matsumoto, ``Exploiting Eye Gaze Information for Operating Services in Home Network System,'' In 2006 International Symposium on Ubiquitous Computing Systems (UCS2006), vol.LNCS4239, pp.13-27, October 2006. (Seoul, Korea)
[12]  Masahide Nakamura, Akihiro Tanaka, Hiroshi Igaki, Haruaki Tamada, and Ken-ichi Matsumoto, ``Adapting Legacy Home Appliances to Home Network Systems Using Web Services,'' In IEEE International Conference on Web Services (ICWS2006), pp.849-858, September 2006. (Chicago, USA)
[13]  Takafumi Matsuo, Pattara Leelaprute, Tatsuhiro Tsuchiya, Tohru Kikuno, Masahide Nakamura, Hiroshi Igaki, and Ken-ichi Matsumoto, ``Automatically Verifying Integrated Services in Home Network Systems,'' In International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC2006), vol.II, pp.173-176, July 2006. (Chiang Mai, Thailand)
[14]  Susumu Kuriyama, Masao Ohira, Hiroshi Igaki, and Ken-ichi Matsumoto, ``A Wearable Interface for Visualizing Coauthor Networks Toward Building a Sustainable Research Community,'' In Proceedings of the working conference on Advanced visual interfaces (AVI2006), pp.492-495, May 2006. (Venezia, Italy)
[15]  Hidetake Uwano, Masahide Nakamura, Akito Monden, and Ken-ichi Matsumoto, ``Analyzing Individual Performance of Source Code Review Using Reviewers’ Eye Movement,'' In Proceedings of Int'l Eye Tracking Research & Applications Symposium (ETRA 2006), pp.133-140, March 2006. (San Diego, USA)
[16]  Hiroki Yamauchi, Yuichiro Kanzaki, Akito Monden, Masahide Nakamura, and Ken-ichi Matsumoto, ``Software Obfuscation from Crackers’ Viewpoint,'' In Proc. IASTED International Conference on Advances in Computer Science and Technology (IASTED ACST 2006), pp.286--291, January 2006. (Puerto Vallarta, Mexico)
[17]  Pattara Leelaprute, Masahide Nakamura, Tatsuhiro Tsuchiya, Ken-ichi Matsumoto, and Tohru Kikuno, ``Describing and Verifying Integrated Services of Home Network Systems,'' In Proc. of 12th Asia-Pacific Software Engineering Conference (APSEC 2005), pp.549-558, December 2005. (Taipei, Taiwan)
[18]  Hiroshi Igaki, Masahide Nakamura, and Ken-ichi Matsumoto, ``A Service-Oriented Framework for Networked Appliances to Achieve Appliance Interoperability and Evolution in Home Network System,'' In Proc. of International Workshop on Principles of Software Evolution (IWPSE 2005), pp.61-64, September 2005. (Lisbon, Portugal)
[19]  Masahide Nakamura, Hiroshi Igaki, and Ken-ichi Matsumoto, ``Feature Interactions in Integrated Services of Networked Home Appliances -An Object-Oriented Approach-,'' In Proc. of Int'l. Conf. on Feature Interactions in Telecommunication Networks and Distributed Systems (ICFI'05), pp.236-251, July 2005. (Leicester, UK)
[20]  Takahiro Kimura, Haruaki Tamada, Hiroshi Igaki, Masahide Nakamura, and Ken-ichi Matsumoto, ``A Visual Framework for Monitoring and Controlling Distributed Service Components,'' In Proc. of 1st Korea-Japan Joint Workshop on Ubiquitous Computing and Networking Systems (ubiCNS 2005), pp.245-250, June 2005. (Jeju, Korea)
[21]  Pattara Leelaprute, Masahide Nakamura, Ken-ichi Matsumoto, and Tohru Kikuno, ``Definition and Detection of Semantic Warnings for Voicexml,'' In Proc. of the IASTED International Conference on Software Engineering (IASTED SE 2005), pp.91--98, February 2005. (Innsbruck, Austria)
[22]  Yuichiro Kanzaki, Hiroshi Igaki, Masahide Nakamura, Akito Monden, and Ken-ichi Matsumoto, ``Characterizing Dynamics of Information Leakage in Software Process,'' In Proc. 3rd Australasian Information Security Workshop (AISW2005), vol.44, pp.145--151, January 2005. (New Castle, Australia)
[23]  Masahide Nakamura, Hiroshi Igaki, Haruaki Tamada, and Ken-ichi Matsumoto, ``Implementing Integrated Services of Networked Home Appliances Using Service-Oriented Architecture,'' In Proc. International Conference of Service Oriented Computing (ICSOC04), pp.269--278, November 2004. (New York City, USA)
[24]  Haruaki Tamada, Keiji Okamoto, Masahide Nakamura, Akito Monden, and Ken-ichi Matsumoto, ``Dynamic Software Birthmarks to Detect the Theft of Windows Applications,'' In Proc. International Symposium on Future Software Technology 2004 (ISFST 2004), vol.CDROM, October 2004. (Xi'an, China)
[25]  Hiroshi Igaki, Masahide Nakamura, and Ken-ichi Matsumoto, ``Design and Evaluation of the Home Network Systems Using the Service Oriented Architecture,'' In Proc. International Conference on E-Business and Telecommunication Networks(ICETE04), vol.1, pp.62--69, August 2004. (Setubal, Portugal)
[26]  Takeo Kasubuchi, Hiroshi Igaki, Hajimu Iida, and Ken-ichi Matsumoto, ``Compositional Pattern Search Method for Reuse of Software Process Elements,'' In Proc. Workshop on Software Product Archiving and Retrieving System, pp.21--28, April 2004. (Kyoto, Japan)
[27]  Pattara Leelaprute, Masahide Nakamura, Ken-ichi Matsumoto, and Tohru Kikuno, ``Defining Semantic Guideline in XML-Based Programmable Service Environment,'' In Proc. of the 10th Intetnational Symposium on Pacific Rim Dependable Computing (PRDC2004), vol.Fast Abstracts, pp.15--16, March 2004. (Papeete, Tahiti)
[28]  Haruaki Tamada, Masahide Nakamura, Akito Monden, and Ken-ichi Matsumoto, ``Design and Evaluation of Birthmarks for Detecting Theft of Java Programs,'' In Proc. IASTED International Conference on Software Engineering (IASTED SE 2004), pp.569--575, February 2004. (Innsbruck, Austria)
[29]  Pattara Leelaprute, Masahide Nakamura, Ken-ichi Matsumoto, and Tohru Kikuno, ``Evaluating Semantic Warnings in Voip Programmable Services with Open Source Environment,'' In Proc. of the 10th Asia Pacific Software Engineering Conference (APSEC2003), pp.552--561, December 2003. (Chiangmai, Thailand)
[30]  Yuichiro Kanzaki, Akito Monden, Masahide Nakamura, and Ken-ichi Matsumoto, ``Exploiting Self-Modification Mechanism for Program Protection,'' In Proc. 27th Computer Software and Applications Conference (compsac2003), pp.170--179, November 2003. (Dallas, USA)
[31]  Masahide Nakamura, Akito Monden, Tomoaki Itoh, Ken-ichi Matsumoto, Yuichiro Kanzaki, and Hirotsugu Satoh, ``Queue-Based Cost Evaluation of Mental Simulation Process in Program Comprehension,'' In Proc. 9th IEEE International Software Metrics Symposium (METRICS2003), pp.351--360, September 2003. (Sydney, Australia)
[32]  Makoto Sakai, Hiroshi Igaki, Hajimu Iida, and Ken-ichi Matsumoto, ``Multi-Role Communicator: a New Secretary Agent System for Scheduling on the Internet,'' In Proc. of the International Symposium on Future Software Technology 2001 (ISFST2001), vol.Software Engineers Association, pp.26--41, November 2001. (ZhengZhou)
特許
[1]  玉田 春昭, 門田 暁人, 中村 匡秀, 松本 健一, ``プログラム変換装置,実行支援装置,それらの方法およびそれらのコンピュータ・プログラム,'' 特願2005-171372, June 2005.
[2]  中村 匡秀, 門田 暁人, 松本 健一, 浅井 理恵子, 佐藤 太一, 芳賀 智之, ``秘密情報演算保護装置,秘密情報演算保護方法,秘密情報演算保護プログラム及びコンピュータ読み取り可能な記録媒体,'' 特願2005-89941, PCT/JP2006/306123, March 2005.
[3]  松本 健一, 門田 暁人, 中村 匡秀, 山口 孝雄, 里 雄二, 伊藤 智祥, ``プログラム解析コスト計測装置およびその方法,'' 特願2003-65671, March 2003.
国内会議(査読付き)
[1]  井垣 宏, 木村 隆洋, 中村 匡秀, 松本 健一, ``DFDを利用したプログラム処理間の依存解析によるレガシーソフトウェアからのサービス抽出,'' ソフトウェアエンジニアリング最前線 2009 情報処理学会SEシンポジウム, pp.89-96, September 2009.
[2]  玉田 春昭, 中村 匡秀, 門田 暁人, 松本 健一, ``Java クラスファイル難読化ツール DonQuixote,'' ソフトウェア工学の基礎XIII, 日本ソフトウェア科学会 FOSE2006, pp.113--118, November 2006.
[3]  上野 秀剛, 中村 匡秀, 門田 暁人, 松本 健一, ``プログラマの視線を用いたコードレビュー性能の要因分析,'' ソフトウェア工学の基礎XIII 日本ソフトウェア科学会FOSE 2006, pp.103-112, November 2006.
[4]  神崎 雄一郎, 井垣 宏, 中村 匡秀, 門田 暁人, 松本 健一, ``情報漏えいのリスクと生産性を考慮したソフトウェアプロセスの開発者割当て探索,'' ソフトウェアシンポジウム2006, pp.24-32, July 2006.
[5]  栗山 進, 大平 雅雄, 井垣 宏, 大杉 直樹, 松本 健一, ``Social Context-aware Information System: 初対面時の「きまずさ」解消を目的とした実空間ソーシャルネットワーキングシステム,'' インタラクション2006論文集, 情報処理学会シンポジウムシリーズ, vol.2006, no.4, pp.195-196, March 2006.
[6]  玉田 春昭, 井垣 宏, 引地 一将, 門田 暁人, 松本 健一, ``プログラミング実習におけるグループ開発プロセスの分析,'' 権藤 克彦,小林 隆志(編), ソフトウェア工学の基礎XII, 日本ソフトウェア科学会 FOSE2005, pp.123--128, November 2005.
[7]  岡本 圭司, 玉田 春昭, 中村 匡秀, 門田 暁人, 松本 健一, ``ソフトウェア実行時のAPI呼び出し履歴に基づく動的バースマークの提案,'' ソフトウェア工学の基礎XI, 日本ソフトウェア科学会FOSE2004, pp.85--88, November 2004.
[8]  山内 寛己, 神崎 雄一郎, 門田 暁人, 中村 匡秀, 松本 健一, ``マルチバージョン生成によるプログラムの解析防止,'' ソフトウェア工学の基礎XI, 日本ソフトウェア科学会FOSE2004, pp.157--160, November 2004.
[9]  井垣 宏, 阪井 誠, 飯田 元, 松本 健一, ``助手型秘書」エージェントシステムによるスケジュール調整支援,'' ソフトウェアシンポジウム2002, pp.25--34, July 2002.
著書
[1]  Masahide Nakamura, Hiroshi Igaki, Akihiro Tanaka, Haruaki Tamada, and Ken-ichi Matsumoto, Service-Oriented Architecture for Migrating Legacy Home Appliances to Home Network System ~ Principle and Applications ~, IGI Global, 2010.
表彰・受賞
[1]  Yuichiro Kanzaki, Hiroshi Igaki, Masahide Nakamura, Akito Monden, and Ken-ichi Matsumoto, 2005年度 IPSJ Digital Courier船井若手奨励賞, 2006.
[2]  Masahide Nakamura, Hiroshi Igaki, and Ken-ichi Matsumoto, ``Feature Interactions in Integrated Services of Networked Home Appliances -An Object-Oriented Approach-,'' In Proc. of Int'l. Conf. on Feature Interactions in Telecommunication Networks and Distributed Systems (ICFI'05, Best Paper Award), pp.236-251, July 2005. (Leicester, UK)
[3]  Hiroshi Igaki, Masahide Nakamura, and Ken-ichi Matsumoto, 国際会議 ICETE2004 最優秀論文賞, 2004.
テクニカルレポート
[1]  神崎雄一郎, 門田暁人, 中村匡秀, 松本健一, ``高級言語によって偽装内容を指定できる拡張プログラムカムフラージュ法,'' , no.NAIST-IS-TR2007015, 奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科, December 2007.
[2]  Haruaki Tamada, Keiji Okamoto, Masahide Nakamura, Akito Monden, and Ken-ichi Matsumoto, ``Design and Evaluation of Dynamic Software Birthmarks Based on API Calls,'' Information Science Technical Report, no.NAIST-IS-TR2007011, ISSN 0919-9527, Graduate School of Information Science, Nara Institute of Science and Technology, May 2007.
[3]  Haruaki Tamada, Masahide Nakamura, Akito Monden, and Ken-ichi Matsumoto, ``Detecting the Theft of Programs Using Birthmarks,'' Information Science Technical Report, no.NAIST-IS-TR2003014, Graduate School of Information Science, November 2003.
研究会・全国大会など
[1]  関本 純一, 中村 匡秀, 井垣 宏, 松本 健一, ``ホームネットワークにおける家電連携サービス作成支援システムの開発,'' 電子情報通信学会技術研究報告, vol.107, no.525, pp.289-294, March 2008.
[2]  福岡 佑介, 西岡 隆司, 中村 匡秀, 井垣 宏, 松本 健一, ``動的サービスバインディング機構を用いたマルチベンダホームネットワークシステムの一実現手法,'' 電子情報通信学会技術研究報告, vol.107, no.525, pp.295-300, March 2008.
[3]  西澤 茂隆, 中村 匡秀, 井垣 宏, 松本 健一, 三浦 健次郎, ``ビル管理システム連携におけるシステムとサービス競合の定式化,'' 情報処理学会研究報告, vol.2008, no.29, pp.179-186, March 2008.
[4]  榊原 弘記, 中村 匡秀, 井垣 宏, 松本 健一, ``ホームネットワークシステムにおける家電状態を利用した音声操作インタフェースの改善,'' 電子情報通信学会2種研究会 サイバーワールド(CW)第9回研究会, pp.13-18, March 2008.
[5]  三井 康平, 井垣 宏, 中村 匡秀, 松本 健一, ``AXELLA: ユーザの注視情報を利用したホームネットワークシステム向けインタフェースシステム,'' 電子情報通信学会2種研究会 サイバーワールド(CW)第9回研究会, pp.19-24, March 2008.
[6]  西澤 茂隆, 中村 匡秀, 井垣 宏, 松本 健一, 三浦健次郎, ``ビル管理システムにおけるサービス指向アーキテクチャの適用 〜 異種サービスの連携と安全性に関する考察 〜,'' 電子情報通信学会技術研究報告, vol.107, no.261, pp.3-8, October 2007.
[7]  大西 洋司, 前島 弘敬, 西澤 茂隆, 田中 秀一郎, 中村 匡秀, 松本 健一, ``時間駆動型Webサービス呼び出しフレームワークWS-Schedule Managerの提案と実装,'' 電子情報通信学会技術研究報告, vol.106, no.578, pp.459-464, March 2007.
[8]  前島 弘敬, 大西 洋司, 中村 匡秀, 松本 健一, ``BPELワークフローに着目した連携Webサービスの応答速度・稼働率の見積もり手法,'' 電子情報通信学会技術研究報告, vol.106, no.578, pp.465-470, March 2007.
[9]  伊原 誠人, 榊原 弘記, 湯浅 直弘, 中村 匡秀, 松本 健一, ``ホームネットワークシステムにおけるサービス開発へのペルソナシナリオ法の適用と評価,'' 電子情報通信学会技術研究報告, vol.106, no.578, pp.405-410, March 2007.
[10]  湯浅 直弘, 伊原 誠人, 中村 匡秀, 松本 健一, ``ホームネットワークにおける家電連携サービスのユーザビリティ評価,'' 電子情報通信学会技術研究報告, vol.106, no.578, pp.399-404, March 2007.
[11]  閻 奔, 中村 匡秀, リディ ドゥ ブスケ, 松本 健一, ``JMLを用いたホームネットワークシステムにおける連携サービスの安全性検証に関する提案,'' 電子情報通信学会技術報告, vol.NS2006-159, pp.7-12, March 2007.
[12]  田中 秀一郎, 西澤 茂隆, 田中 章弘, 中村 匡秀, 松本 健一, ``SOAシステム構築のための既存システムの再利用性評価,'' 電子情報通信学会技術研究報告, vol.106, no.578, pp.471-476, March 2007.
[13]  西岡 隆司, 山内 寛己, 門田 暁人, 中村 匡秀, 松本 健一, ``類似した命令列の畳込みによるプログラムの耐タンパ性の向上,'' 情報処理学会研究報告, ソフトウェア工学研究会, vol.2007-SE-155, no.33, pp.167-174, March 2007.
[14]  井垣 宏, 長江 洋子, 山田 松江, 中村 匡秀, 松本 健一, 青山 幹雄, ``ユーザの移動に伴う機器と環境の状態引き継ぎを実現するホームネットワークシステムの提案,'' 電子情報通信学会技術研究報告, vol.106, no.578, pp.411-416, March 2007.
[15]  玉田 春昭, 中村 匡秀, 門田 暁人, 松本 健一, ``C言語におけるライブラリ呼び出し隠蔽のための名前難読化手法,'' 暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS2007), January 2007.
[16]  神崎 雄一郎, 門田 暁人, 中村 匡秀, 松本 健一, ``高級言語レベルでの偽装内容の指定が可能なプログラムのカムフラージュ,'' 2007年暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS2007)予稿集CD-ROM(講演番号4D1-3), January 2007.
[17]  井垣 宏, 中村 匡秀, 松本 健一, 青山 幹雄, ``オブジェクト指向モデルを利用したSOAのためのモデル指向開発手法,'' 情報処理学会ソフトウェア工学研究会ウィンターワークショップ2007・イン・那覇 論文集, vol.2007, no.3, pp.81-82, January 2007.
[18]  角田 雅照, 伏田 享平, 三井 康平, 亀井 靖高, 後藤 慶多, 中村 匡秀, 松本 健一, ``位置と速度を利用した移動体向け認証方式の提案,'' 電子情報通信学会技術報告, モバイルマルチメディア通信研究専門委員会, no.MoMuC2006-55, pp.11-16, November 2006.
[19]  閻 奔, 中村 匡秀, リディ ドゥ ブスケ, 松本 健一, ``ホームネットワークシステムにおける家電連携サービスの安全性に関する考察,'' 電子情報通信学会技術報告, vol.IN2006-97, pp.49-54, November 2006.
[20]  井垣 宏, 三井 康平, 竹村 憲太郎, 玉田 春昭, 中村 匡秀, 松本 健一, 松本 吉央, ``注視情報に基づくネットワーク家電の状態提示システムの構築,'' 電子情報通信学会技術研究報告, vol.105, no.628, pp.061-066, March 2006.
[21]  田中 章弘, 中村 匡秀, 井垣 宏, 松本 健一, ``Web サービスを用いた従来家電のホームネットワークへの適応,'' 電子情報通信学会技術研究報告, vol.105, no.628, pp.067-072, March 2006.
[22]  パッタラ リーラープルット, 中村 匡秀, 井垣 宏, 松本 健一, 菊野 亨, ``ホームネットワークシステムにおけるサービス競合の分類と解消について,'' 電子情報通信学会技術研究報告, vol.105, no.628, pp.055-060, March 2006.
[23]  山内 寛己, 神崎 雄一郎, 門田 暁人, 中村 匡秀, 松本 健一, ``攻撃タスクを考慮した難読化による暗号プログラムの保護,'' 電子情報通信学会技術報告, ソフトウェアサイエンス研究会, no.SS2005-59, pp.25--30, December 2005.
[24]  木村 隆洋, 中村 匡秀, 井垣 宏, 松本 健一, ``データ依存解析に基づくレガシーソフトウェアからのサービス抽出法,'' 信学技報 ソフトウェアサイエンス研究会, vol.SS2005-42, pp.013-018, October 2005.
[25]  井垣 宏, 中村 匡秀, 松本 健一, ``家電機器間の相互接続性を考慮した連携サービスを実現するサービス指向フレームワークの提案,'' 情処研報, vol.2005-SE-149, no.15, pp.111-116, July 2005.
[26]  上野 秀剛, 中道 上, 井垣 宏, 門田 暁人, 中村 匡秀, 松本 健一, ``プログラマの視線を用いたレビュープロセスの分析,'' 信学技報SS2005 12-17, vol.105, no.128, pp.21-26, June 2005.
[27]  上野 秀剛, 井垣 宏, 門田 暁人, 中村 匡秀, 松本 健一, ``プログラマの視線を用いたバグ特定プロセスの分析,'' ソフトウェア信頼性研究会 第2回ワークショップ, June 2005.
[28]  井垣 宏, 中村 匡秀, 石井 健一, 串戸 洋平, 松本 健一, ``家電連携サービスにおけるサービス競合の動的な検出・解消法の設計と評価,'' 信学技報, 情報ネットワーク研究会, vol.IN2004-320, pp.373--378, March 2005.
[29]  串戸 洋平, 石井 健一, 井垣 宏, 中村 匡秀, 松本 健一, ``WS-PROVE を用いたWeb サービスメトリクスの実験的評価,'' 信学技報, 情報ネットワーク研究会, vol.IN2004-319, pp.367--372, March 2005.
[30]  石井 健一, 串戸 洋平, 井垣 宏, 中村 匡秀, 松本 健一, ``Webサービスアプリケーションのプロトタイピング および性能評価のためのシステム開発,'' 信学技報, 情報ネットワーク研究会, vol.IN2004-318, pp.361--366, March 2005.
[31]  玉田 春昭, 門田 暁人, 中村 匡秀, 松本 健一, ``Javaプログラムの動的解析のためのトレーサ埋め込みツール,'' 第46回プログラミング・シンポジウム報告集, pp.51--62, January 2005.
[32]  岡本 圭司, 玉田 春昭, 中村 匡秀, 門田 暁人, 松本 健一, ``ソフトウェア実行時のAPI呼び出し履歴に基づく動的バースマークの実験的評価,'' 第46回プログラミング・シンポジウム報告集, pp.41--50, January 2005.
[33]  石黒 誉久, 井垣 宏, 中村 匡秀, 門田 暁人, 松本 健一, ``変数更新の回数と分散に基づくプログラムのメンタルシミュレーションコスト評価,'' 電子情報通信学会技術報告, ソフトウェアサイエンス研究会, vol.SS2004-32, pp.37--42, November 2004.
[34]  神崎 雄一郎, 井垣 宏, 中村 匡秀, 門田 暁人, 松本 健一, ``ソフトウェア開発プロセスにおける情報漏えいのリスク評価,'' コンピュータセキュリティシンポジウム2004論文集 (CSS2004), vol.2, pp.775--780, October 2004.
[35]  井垣 宏, 中村 匡秀, 松本 健一, ``家電機器連携サービスにおけるサービス競合検出システム,'' 信学技報, ディペンダブルコンピューティング研究会, vol.DC2004-23, pp.11--16, October 2004.
[36]  石井 健一, 串戸 洋平, 井垣 宏, 中村 匡秀, 松本 健一, ``複数Webサービス連携手法の実験的評価,'' 信学技報, ネットワークシステム研究会, vol.NS2004-99, pp.75--80, September 2004.
[37]  井垣 宏, 串戸 洋平, 石井 健一, 中村 匡秀, 松本 健一, ``家電機器連携サービスにおけるサービス競合の検出,'' 信学技報, ネットワークシステム研究会, vol.NS2004-98, pp.69--74, September 2004.
[38]  井垣 宏, 玉田 春昭, 中村 匡秀, 松本 健一, ``サービス指向アーキテクチャを用いたホームネットワークシステムの設計と評価尺度,'' 電子情報通信学会技術研究報告, ネットワークシステム研究会, no.NS2003-359, pp.333--338, March 2004.
[39]  石井 健一, 串戸 洋平, 山内 寛己, 井垣 宏, 玉田 春昭, 中村 匡秀, 松本 健一, ``異なる設計・実装法を用いたWebサービスアプリケーションの開発および比較評価,'' 電子情報通信学会技術研究報告, ネットワークシステム研究会, no.NS2003-315, pp.107--112, March 2004.
[40]  串戸 洋平, 石井 健一, 山内 寛己, 井垣 宏, 玉田 春昭, 中村 匡秀, 松本 健一, ``Webサービスアプリケーションのソフトウェアメトリクスに関する考察,'' 電子情報通信学会技術研究報告, ネットワークシステム研究会, no.NS2003-316, pp.113--118, March 2004.
[41]  玉田 春昭, 神崎 雄一郎, 中村 匡秀, 門田 暁人, 松本 健一, ``Java クラスファイルからプログラム指紋を抽出する方法の提案,'' 電子情報通信学会技術報告, 情報セキュリティ研究会, no.ISEC2003-29, pp.127--133, July 2003.
[42]  阿部 健一, 中村 匡秀, 松本 健一, ``自治体の情報システム導入における要求仕様の定義とテストの重要性認識,'' 情報処理学会研究報告, ソフトウェア工学, vol.143, pp.9--14, July 2003.
[43]  神崎 雄一郎, 門田 暁人, 中村 匡秀, 松本 健一, ``命令コードの実行時置き換えによるプログラムの解析防止,'' 信学技報, 情報セキュリティ研究会, vol.ISEC2002-98, pp.13--19, December 2002.
[44]  井垣 宏, 阪井 誠, 飯田 元, 松本 健一, ``気の利いた処理を行う秘書エージェントシステム,'' 電子情報通信学会技術研究報告, ソフトウェアサイエンス研究会, vol.101, no.240, pp.41--47, July 2001. (ss2001-17)

This site is maintained by webadmin.

PMAN 2.5.4 - Paper MANagement system / (C) 2002-2007, Osamu Mizuno / All rights reserved.